Apple、「iPhone X」の「コンポーネント・サプライヤー」に供給を抑えるように指示!一部の部品生産が遅れているためか?

Digitimesによると、台湾の上流コンポーネントサプライヤーからの話として、Appleがこれまで準備してきた部品の出荷を抑えるようにとの指示を出しているとのことです。

そのため現在、サプライヤーはiPhone Xの初期生産量の40%の部品しか出荷していません。

しかし、その反面、一部のサプライヤーは、生産上の歩留まりが悪いため計画の40%の出荷を行うためには、生産量を上げなければならないとのことです。

このようなことから、一部の部品の生産が困難なため、それに合わせて他の部品を生産するサプライヤーに出荷を抑えるように指示したものと予想されます。

このようなことは、iPhone 7の生産の際にも行われたとのことです。

また、AppleのiPhone Xのフル生産に入る前に、iPhone 8 / 8 Plusの販売状況とiPhone Xの事前予約を見極めようとしているとサプライヤーの情報源は述べています。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。