iFixit、iPhone 8 Plusの分解で、リアガラスパネルは割れやすく交換不可能との結果

Appleの新製品分解で有名なiFixitが、iPhone 8 Plusの分解レポートを公開しています。

まずは、バッテリーですが、2691 mAh(10.28 Wh、3.82 V)で、iPhone 7の2900 mAh(11.1 Wh、3.82 V)よりも容量が小さくなっています。

ロジックボード上のパーツについては、チップは「A11 Bionic」、RAMは Samsung 3 GB LPDDR4 RAMm、LTEモデムはQualcomm MDM9655、NFCチップはNXP 80V18、NANDフラッシュストレージはSanDisk SDMPEGF12 64 GBです。

ワイヤレス充電が搭載されていますが、これはLightningポートの摩耗を防いでくれます。

また、Lightningポートの周辺のコンポーネントが整理され、新しいフレックスケーブルなどに置き換えられています。これは放熱しやすくするための設計変更です。

iFixitによると、ワイヤレス充電のために使用されているリアのガラスパネルは、接着剤を使用してアルミフレームに固定されています。そしてガラスは結構割れやすいそうです。

これが割れると交換は不可能で、AppleCare+などの保障に入っていないと、修理の際にとんでもない金額を支払うことになります。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。