iPhone X搭載の「A11 Fusion」プロセッサーは6コア(2+4コア)構成

開発者のSteve Troughton-Smith氏が、iOS 11 GM内のコード解析を行った結果、iPhone Xに搭載される「A11 Fusion」プロセッサー内には6つのコアがあることが判明しました。

同氏によると、6コアのうち2つが高性能(ハイパワー)のコア「Monsoon(モンスーン)」で、残りの4つが「Mistral(ミストラル)」という「Monsoon」を補う高効率のコアになっています。

参考までに iPhone 7とiPhone 7 Plusの「A10 Fusion」プロセッサーは4コアで、高性能コアが2つで、補助的な高効率のコアが2つでした。
iPad Proに搭載された「A10X Fusion」プロセッサーは6コアで、3つが高性能の「Hurricane(ハリケーン)」と補助的な高効率の3コアの「Zephyr(ゼファー)」という構成でした。

「A11 Fusion」の2種類のコアは、Appleのトラフィック制御チップによってコントロールされ、負荷のかかる作業には消費電力の高い「Monsoon」が主に使用され、メールなどの低負荷の動作には低消費電力の「Mistral」が使用されるとのことです。

高出力のコアが「A10X Fusion」に比べて3→2になっているのは、「A11 Fusion」は、iPhone搭載のため消費電力を考えてのことだと考えられます。

(via AppleInsider

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。