「HomePod」スピーカーのディスプレイは「272 x 340ピクセル」で1GBのRAMを搭載!

Appleは、先週にスマートスピーカーである「HomePod」のファームウェアを公開しました。開発者のSteve Troughton-Smith氏による解析によって、「HomePod」のファームウェアは、iOS 11.0.2に相当することが明らかになりました。

今度は、Avery Magnotti氏がTwitterで「HomePod」に内蔵されているマルチカラーLED波形を表示するディスプレイは、272 x 340ピクセルであるとのことです。

この画面は、透過性のカバーで隠されているために直接見ることはできませんが、Siriや音楽に反応して光るようになっています。淡い光だけでなく図形も表示されるとの情報もあります。

ディスプレイ以外の新情報としては「HomePod」が1GBのRAMを搭載しているということです。HomePodにはiPad mini 4に採用されていた「A8」チップが採用されており、他のスマートスピーカーの性能とは一線を画す見込です。

このような情報から「HomePod」は本格的なディスプレイを搭載しないiPhoneとだといえます。そうなると否が応でも、今後どのような新機能が搭載されるのか期待が高まります。

(via MacRumors