Appleのティム・クックCEO、トランプ大統領に米国内で3つの工場建設を約束

The Wall Street Journalが、ドナルド・トランプ米大統領に対して7月25日(米時間)に行ったインタビューにおいて、Appleのティム・クックCEOが、米国内の3カ所に大型工場(プラント)を建設すると約束したことを明らかにしました。

かねてから、トランプ大統領は米国や外国のメーカーに対して、雇用拡大のためアメリカ国内での生産を求めていましたが、比較的トランプ政権とは距離があると見られていたAppleの素早い対応は注目されています。

なお、工場の建設場所や何を製造するのかは不明ですが、Appleは現在、高級機種のMac Proを米国内の向上で生産しているため、今後発売されるハイスペックのiMac Proの生産が考えられます。

iPhoneなどのマスプロダクションを必要とするコンシューマー製品は、コスト及び人員やサプライヤーの関係でアメリカ国内での生産は不可能でしょうが、あまり生産量の多くない製品や最先端のコンポーネントであれば米国内での生産が可能だと思われます。

ひょっとすると完成品ではなく、Appleが独自に開発しているCPUやGPUの生産が行われるのかもしれません。