Apple Park、植栽の整備も進み正式運用が近づく!

これまでYouTubeでAppleの空撮動画を公開してきたDuncan Sinfield氏が、7月下旬のApple Parkの空撮動画を公開しています。

今回のビデオでは、オープンに向けて急速に植林が進められていることが分かります。
完成すると、Apple Parkは約9,000本の植林で囲まれることになると言います。これはスティーブ・ジョブス氏の意向で、昔のシリコンバレレーをイメージしたものだと言われています。

キャンパスの東側を走っている「Tantau Avenue」は、Appleがハイピッチで工事を進めるため、7月の大半が車両交通の通行が止められていました。

Apple Park内の「Glendenning Barn」という小屋は、歴史的ランドマークでAppleが、Apple Parkの建設に際して、一度解体し再建を約束していたものです。

正式運用が近づいているので、Appleは先月、Apple Park内のビジターセンターにあるApple Storeとパブリックカフェの従業員を採用し始めています。

(via MacRumors