Mac mini、前回のアップデートから1,000日以上経過!「とてつもないミニ」の行方は?

2015年3月からアップデートされていなかったMacBook Airのマイナーアップデートが2017年6月6日に行われました。

CPUだけの超マイナーアップデートで、ディスプレイはRetina化されず、またThunderboltも最新の「Thunderbolt 3」ではなく「Thunderbolt 2」のままでした。とりあえずMacBookシリーズの低価格モデルとしてもう少しの間は生き残るようです。

Appleユーザーにとって気になるのはMac miniのアップデートです。
前回のアップデートは2014年10月17日ですからすでに1,000日以上が経過しました。この秋が来ると丸3年もアップデートされないということになります。

Mac miniで一番安いモデルは、1.4GHzデュアルコアIntel Core i5モデルで48,800円(税別)です。
本体メモリが4GBなので最低でもオプションで8GBにしないと使い物になりませんが、それでも59,800円(税別)と低価格です。

これに1万数千円のディスプレイを取り付けれれば、税込みで8万数千円ほどでMacを使うことができます。

Macファンとしては、ぜひこの秋にはアップデートして欲しいのですが、12インチMacBook、iMac ProとMacのラインナップが増えてきていることがきになります。

それにAppleにとってMac miniの売上げは微々たるものなので、近い将来に廃版になるか、現在の3モデル構成が1モデル構成へと整理される可能性は否めないところです。

Apple → Mac mini