米国のWindowsユーザーの約4分の1が将来的にMacへの移行を計画!

Verto Analyticsによる調査によると、米国内のWindowsラップトップユーザーの21%が将来的にMacへの切り替えを計画していますが、逆にMacユーザーの2%しかWindowsへの移行を計画していないとうことが分かりました。

その割合は、Windowsデスクトップユーザーではさらに高くなり、今後6〜24ヶ月で4分の1がMacに移行する予定でだとのことです。

Macへの移行を計画している人は、主に高所得層ですが、10〜20歳代の低所得者層も高い関心を示しています。

近年では、IBMが2015年に従業員が使用するパソコンについて、WindowsかMacのいずれかで自由に選択できるようにしたところ、社内のサポート呼び出しが劇的に減ったというエピソードがあります。

(via 9 to 5 Mac