Apple、拡張現実(AR)のゴーグル「iGlass」を開発中か?

Appleは、PhoneとiPad用の拡張現実感アプリケーションを構築するための新しい開発キット「ARKit」をWWDC 2017で発表し、すでに一部の開発者や家具メーカーのIKEAは、拡張現実を組み込んだアプリの開発を始めています。

米時間の6月20日、UBSのアナリスト、スティーブン・ミルノビッチ(UBSのアナリスト、スティーブン・ミルノビッチ)氏は、Appleが将来「iGlass」と呼ばれる独自のスマート・グラスを発表すると予測しました。(via CNBC

この秋発売されるiPhoneには、VR(拡張現実)のための各種センサーが搭載されると見られています。Appleは、すでにVR関係の開発のために何百人ものエンジニアを投入しています。

Microsoftすでに「Hololens」という現実世界に3Dホログラムを重ねて表示可能な拡張VRのゴーグルを開発しています。

ミルノビッチ氏が主張する「iGlass」はHololens型の体験を可能にするものだと予想しています。Appleは、VRの膨大なデータを勝利するためにiPhoneを利用し、これによりゴーグルは、小型化することができ、より自由なデザインを採用することができます、

ただ、VRを実現するための大量のデータを「iGlass」とiPhone間で転送する問題をクリアしなければなりません。

(via 9 to 5 Mac