LGディスプレイ、Appleのサプライチェーン入りを2019年までに目指し、OLEDディスプレイの生産を開始!

LGディスプレイが、Appleのサプライチェーン入りを2019年以前に目指すことを決定し、6月末からスマートフォン向けのフレキシブルOLEDディスプレイの生産を開始するとのことです。

LGは、Samsungに比べてOLEDディスプレイ生産への移行が遅れたため、2017年のiPhone 8用OLEDディスプレイはSamsungが独占する見込です。

Appleもスマートフォン用のOLEDディスプレイをライバルメーカーのSamsungに依存しすぎたくないので、LGの生産するOLEDディスプレイの品質の品質や生産能力についてLGと協議をしているとのことです。

当面LGは、中国メーカーなどにOLEDディスプレイを供給する見込ですが、できるだけ早くSamsungに次ぐ第2のサプライヤーとしての地位を確立しようとしています。

(via Patentlyapple