Apple、「標準マップ」の正確性を向上させるためフリーランスを雇って情報を検証

iGenerationによると、Appleは「標準マップ」の正確性を確認するためフリーランスを雇って情報を検証しているとのことです。

Appleは、昨年、TryRatingと呼ばれるプラットフォームを通じて、Appleは平均して確認1作業あたり54セントをフリーランスに支払ったと伝えられています。

マップの確認作業は   1作業当たり数分程度しかかかりませんが、1人のフリーランスには週20時間
、600件の作業に制限しているとのことです。

仕事の内容は、例えば、マップ状に表示されているマクドナルドの場所が正しいか、正確な住所かを確認することです。

(via MacRumors