マクドナルドは、Pokemon GOとの提携で開発元のNianticに大金を支払っている?

マクドナルドやソフトバンクなど、Nianticとの提携先はいったいいくら支払っているのか、興味があるところです。今回、その情報の一端が出て来ました。

TechCrunchによると、Nianticの戦略的提携担当副社長、 Mathieu de Fayet氏のインタビューがブラジルの新聞に掲載され、その中でマクドナルドなどのパートナーから以下の通りの支払いを受けていると語っています。

パートナーから客単価で0.15ドルが支払われている。われわれは日本でこのシステムにより、すでに5億人を誘引している。[昨年夏のポケモンGOゲームのピーク時には]マクドナルドのは各店店舗1日あたり平均2000人を集客していた」と述べている。

(via ファミ通App

しかし、これは翻訳のミスなのか、実際には、0.15ドルではなくユニークな来客1人当たり0.5ドル以下としているとのことです。
単純に計算するとマクドナルドは、ゲームの最盛期には客単価0.15ドルの場合90万ドル(約1億円)、客単価0.5ドルなら300万ドル(約3億3,400万円)が毎日、開発元のNianticに支払われた計算となるとのことです。Nianticが多数の企業からこのような金額を得ているとしたら驚きの金額です。

ポケモンGOはアメリカでSprintとStarbucksの7800店舗と提携しているとのことですが、Nianticが成功しても、その契約内容からキャラクターを提供する任天堂の取り分は少ないとのことです。
任天堂が気の毒というか、さすが交渉力のあるアメリカ企業というべきか・・・

Pokémon GO
Pokémon GO