Appleの自動運転自動車プロジェクト「タイタン」が迷走か?

20150254e181b1eac5c

Bloombergによると、Appleは、プロジェクト「タイタン」(Project Titan)として知られている電気自動車の計画について、既存の自動車メーカ-と協力することも、再び自社設計を目指すことも可能な柔軟性を持たせるため自律運転のシステム開発にプロジェクトの焦点を移したと伝えています。Appleは、自動運転システムについて、実行かのうどうかの評価を来年末までに行うつもりだとも伝えています。

これまで7月26日にThe Wall Street Journalが、Apple元幹部のボブ・マンズフィールド(Bob Mansfield)氏が自動車開発プロジェクトの責任者に就任したと報じました。

また、9月28日付けの記事で、Appleのプロジェクト「タイタン」について、Appleは、上手くいっていなかったプロジェクト「タイタン」に元上級副社長で実力者のボブ・マンスフィールド氏を投入し、プロジェクトの再評価を行い、解雇などを行いました。
これにより「タイタン」の方向性が修正され、Appleは自動車メーカーに自動車開発で対抗するのではなく、自動運転電気自動車のソフトウェアや既存の自動車に関するするソフトウェアなどを開発すると伝えてました。