フォックスコン、ロボット導入でiPhone製造の労働者を半減

Rise_of_the_robots__60_000_workers_culled_from_just_one_factory_as_China’s_struggling_electronics_hub_turns_to_artificial_intelligence___South_China_Morning_Post

iPhoneの製造で有名な中国のフォックスコンが、iPhone 6の発売時から現在までに、ロボットの導入により、労働者を110,000人から50,000人へと半減させたとThe South China Morningが伝えています。これにより大幅な製造コスト削減が図られている模様です。

フォックスコンは、Appleからの求めにより労働環境の改善を行ってきましたが、ロボットの導入により、環境が改善が加速されるものと思われます。ただし、その代償として(多くの企業がロボット導入を進めているため)中国国内の労働市場縮小が懸念されます。

(via 9 to 5 Mac