Appleは、iPhoneにハードウェア・キーボード搭載を検討していた。

IPhone-keyboard-275x171

 The Vergeが、金曜日、iPodを開発し、2006〜2008年の間、Appleの上級副社長を務めたトニー・ファデル氏にインタビューを行いました。

その中で、ファデル氏は、最初のiPhoneを開発する際にハードウェアキーボード搭載が真剣に検討されていたことを明かしました。また、iPhoneのプロトタイプには3つのバージョンがあり、最終的にiPodと電話を合体させ、タッチスクリーンを採用したバージョンが「iPhone」と呼ばれ、2007年の1月に発表されたとのことです。

トニー・ファデル氏はiPod開発時の中心人物で、Appleを復活に導いた立役者の一人です。彼は2008年にAppleの上級副社長職を退いた後、2010年3月までジョブズ氏のアドバイザーを務めていました。(それだけジョブズ氏の信頼が厚かったのでしょう)

Last Updated on 2017年6月9日 by M林檎

コメントを残す