AppleとGoogle、詐欺と関係する「バイナリーオプション取引」アプリを削除

AppleとGoogleは、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities & Investments Commission)からの要求により、330個の「バイナリーオプション取引」アプリをApp StoreとGoogle Play storeから削除しました。

オーストラリア証券投資委員会は、利用者がが株式や通貨の増減の予想を行う特定の取引アプリについて、詐欺の調査に基づいてアプリの削除をAppleとGoogleに要求しました。

株式や通貨の価格の上昇・下降を予想して、取引する(いわゆる)バイナリーオプション取引を行うアプリの一部は、預けた現金を引き出すことのできないなどの詐欺アプリでした。

オーストラリア証券投資委員会のマーケット・インテグリティ部門責任者であるグレッグ・ヤンコ氏によると、これらのアプリには理不尽な内容のものがあり、世界的にも問題があると述べています。

Appleはこの6月から「バイナリーオプション取引」の新アプリを禁止してますが、どの程度、厳しい審査が行われているのか明らかではありません。

(via Cult of Mac

「バイナリーオプション取引」のアプリとは以下のようなアプリです。(上記の記述とは関係ありません)