「iPhone 8のTouch IDは裏面に配置される可能性が高い」とアナリストが報告

「iPhone 8のTouch IDは裏面に配置される可能性が高い」と香港の調査会社CLSAのアナリスト、セバスチャン・ホウ氏とブライアン・チェン氏がが報告しています。上の図はCLSAが作成したiPhoneの寸法図です。

両氏の調査レポートでは、SamsungとAppleの両社は、2017年にフルスクリーンのOLED携帯電話でディスプレイ内に指紋検出機能を内蔵し、検出を可能にしようとしましたが、技術的に難しく、次期iPhone開発の主要なボトルネックとなっているとのことです。

したがって、ディスプレイから指紋センサーが取り除かれ、3D検知に置き換えられることを推測する人もいますが、両氏は、最新のサプライチェーンでの調査では、iPhone 8からTouch IDが取り除かれることはなく、SamsungのGalaxy S8のように背面に設置される可能性が高いとのことです。

上の図では、Touch IDは、(Appleのロゴの下の)背面に配置されています。iPhone 8のサイズは縦の長さが144mm、幅71mmで、iPhone 7より大きくiPhone 7 Plusより小さくなっています。厚みは7.69㎜とiPhone 7 Plusの7.3㎜よりも厚くなっています。

iPhone 8は、Touch IDだけでなく、ワイヤレス充電などの発熱問題など解決すべき問題が多く、発売は通常の9月から、1〜2月ヶ月遅れる可能性があります。

(via MacRumors

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。