Apple、Apple Watch(第1世代)のバッテリー膨張問題に対応して保証期間を3年に延長!

9 to 5 Macによると、Apple StoreとApple認定サービスプロバイダに対して、バッテリーが膨張したり拡張しているApple Watch(第1世代)の無償保証期間を1年から2年延長するとのメールを送付しました。

このサービス延長について、公式発表は行われていません。すでにバッテリーの修理代金を払っているか、バッテリーの交換を行ったユーザーに対して、Appleが払い戻しを提供するかどうかは不明です。

従って、膨れ上がったバッテリーに悩まされていたオリジナルのApple Watchを持っているユーザーは、AppleCareを購入していない場合であっても、購入日から3年間は修理できます。

(via MacRumors

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。