「Apple Park」用に大量の樹木を調達してるため、カリフォルニア州の販売用樹木が不足

サンフランシスコ・クロニクル(the San Francisco Chronicle)によると、Appleが、新社屋「Apple Park」に植林する樹木を大領に購入しているため、他の企業が樹木を購入することが難しくなっているとのことです。特にカリフォルニア州とオレゴン州で樹木が不足しています。

Appleは、現在、3,000本の樹木を購入しているとのことで、最終的には果樹を含む、9,000本を植樹する計画だとのことです。

(via MacRumors

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。