iPhone 8、Touch IDをディスプレイに組み込む技術開発に苦戦か?

Cowen and Companyのアナリスト、Timothy Arcuri氏の調査ノートによると、Appleが、(iPhone 8と呼ばれている)5.8インチ有機ELディスプレイの下にTouch IDを統合するという計画は、大量生産が最大のボトルネックになるとのことです。

同氏は、Appleが買収したAuthenTec指紋センサーソリューションの現在の歩留まりは低いと述べていますが、現時点でAppleが外部ソリューションを使用したくないと考えています。生産歩留まりの問題を解決できない場合、彼は3つの異なるシナリオが考えられるとのことです。

1つ目は、5.8インチiPhoneからTouch IDを完全に削除し、顔/虹彩認識のみを利用するという方法ですが、これはApple Payの利用上で問題が起こるとしています。
2つ目は、Touch IDを5.8インチiPhoneの背面に置くという方法ですが、これは使用する際に不便です。
3つ目は、4.7インチと5.5インチのiPhoneを先に発売し、5.8インチiPhoneの発売を遅らせるというシナリオです。

一番可能性があるのが3番目のシナリオですが、発売が10月以降に遅れ、当初の供給供給量も極端に少ない可能性があります。
これはDrexel Hamiltonのアナリスト、Brian White氏も予想してます。

(via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です