次期Mac miniのハイエンドモデルは8Kディスプレイ対応か?

Pike’s Universumというブログが、今後、8Kディスプレイ対応のハイエンドのMac miniが発売され、デザインの大幅な変更があるかもしれないと予想しています。(via MacRumors

現在、48,800円〜98,800円(税別)の低価格で販売されているMac miniは、2014年10月からMac 900日以上アップグレードされていません。

Mac miniは、Macの入門機の役割と、開発企業が安価で購入できるMacアプリやiOSアプリの開発用マシンとしての役割があります。
従って、Mac miniのハイエンドモデルが8Kに対応することは自然なことです。
Pike’s Universumは、今年発売されるiMacについて以下の通り予想していますから、ハイエンドモデルは同様のスペックとなるかもしれません。

・インテル®Xeon E3-1285 v6プロセッサー
・16GB〜64GBのECC RAM
・高速のNVM Express PCIeベースのフラッシュストレージ(NVMe PCIeベースのSSDまたは最大2TBのFusionドライブで構成)
・AMDグラフィックス
・Thunderbolt 3

Apple→Mac mini

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。