KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏と中国の調査会社TrendForceは、5.8インチのiPhoneには、2014年にiPhone 6以降で使用されていた同じ2.5mmのカバーガラスを採用すると発表した

Nikkei Asian Reviewによると、Appleが今年発売する5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone 8は、一部にカーブガラスを採用するとの噂がありますが、カーブガラスをスクリーンに合わせるという難題があり、より緩やかなものになるとのことです。

Nikkei Asian Reviewは、カーブしたスクリーンは約5.2インチの視認可能な領域を可能にし、iPhoneをより洗練されたものにするが、それによって新機能を提供するものはないということで、Galaxy S7 Edgeととてゃコンセプトが異なるということです。

ほかにKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏と中国の調査会社TrendForceは、5.8インチのiPhoneには、2014年にiPhone 6以降で使用されていたと同じ2.5mmのカバーガラスが採用されると述べています。

(via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です