Apple、サードパーティでディスプレイ修理をしたiPhoneを保障対象に変更

MacRumorsが、これまでサードパーティ(Apple Storeやサーブスプロバイダ以外)でディスプレイ修理をしたiPhoneは、例え保証期間内であっても保障対象外としていましたが、この方針を一部変更すると述べています。

今後の方針は、修理したサードパーティでディスプレイ以外の部分の故障であれば、1年以内の製品保証期間、もしくはAppleCareによる保障延長期間内であれば、正規の料金で製品の修理に応じてくれるとのことです。

日本でいつから適用になるかは不明ですが、もし対象になりそうだと思われる方は、Appleサポートに問い合わせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です