MacBook Pro(2016)に搭載されたバタフライキーボードに不満続出!?

MacRumorsが、MacBook Pro(2016)に搭載されたバタフライキーボードに多くの不満が出ているとのことです。

このモデルに搭載されたバタフライキーボードは、MacBookに続く第2世代で、改良は施されていますが、あまり評判がよくありません。
まずは、打鍵音が非常に大きいことです。会議などで入力するとき、ちょっと弾いてしまうような大きさです。
また、一部のキーが反応しにくいことがあり、2回打鍵しなければならない婆があります。ほかにもキーによって打鍵音が異なこともあるようです。

筆者もMacBook Pro(2016)に搭載されているバタフライキーボードの打鍵音の大きさには驚いており、買うことを躊躇してしまいました。
一人きりで使用する場合は問題ないのですが、筆者の場合、カフェで使用することも多いので、既存のキーボードが気に入っています。

(via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です