Google、「Chrome for iOS」をオープンソース化と発表!

Googleが、「Chrome for iOS」を他のブラウザと同様にChromiumプロジェクトに入れ、オープンソース化したと発表しています。

これまでiOS上で動作するブラウザはのレンダリングエンジンは、Appleが開発したWebKitを利用しないと行けないとの制約から、Chromeは、そのWebKitとChrome独自のレンダリングエンジンであるBlinkの両方をサポートしていました。従ってその複雑をChromiumコードベースへの組み込むことは、避けたいとの考えがありました。

Chromiumプロジェクトに入れ、オープンソース化するためには、Chrome for iOS用のコードをより上流側に組み込む必要があり、今回そのアップストーリム化が完了したとのことで、ソースコードを公開する運びとなったとのことです。

(via MacRumors

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。