初代iPhoneのプロトタイプ、Tony Fadell氏の「P1」とScott Forsall氏の「P2」

リークで有名なSonny Dickson氏が、クックホイールをソフトウェア的に使った初代iPhoneのプロトタイプ「P1」を公開しましたが、今回、その「P1]に新たなプロトタイプ「P2」を並べて比較した動画を公開しています。

「P1」は、iPodの父、Tony Fadell氏のアイデアで作成したもので、iPodのクックホイールがソフトウェア的に実現されています。
「P2」は、iOS開発の責任者であったScott Forsall氏が提案したものです。両方ともAcorn OSがベースになっています。

結局、iPhoneはTony Fadell氏のアイデアは採用されず、Scott Forsall氏のアイコンベースのUI外採用されています。

(via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です