Apple、ポルシェのレースエンジニア、アレックス・ヒッチンガーを引き抜き

19433-19877-porsche-top-l

ドイツの「Manager Magazin」によると、ポルシェ(Porsche)のレースエンジニア、アレックス・ヒッチンガー(Alexander Hitzinger)氏がポルシェを退職し、サンフランシスコのテクノロジー企業に採用されたとのことです。

同氏が、参加したのはAppleの「Project Titan」と呼ばれる自動運転車の開発部門ですが、どのような役割なのかは不明です。

アレックス・ヒッチンガー氏は、2006年から2011年までレッドブルのF1プロジェクトの先端技術責任者を務め、その後はポルシェに移籍し、耐久レースに参戦するレースカーの開発に携わり、ポルシェLMP1プロジェクトのテクニカルディレクターでした。同氏が参加したポルシェは、2015年と2016年にルマンで優勝するなど輝かしい履歴を持っています。

これまでの噂では、Appleは自動車の開発をあきらめ、自動運転やARベースのナビゲーションなどのソフトウェア面に注力していると言われています。

(via AppleInsider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です