10.5インチの新iPad、2017年に登場か?

ipad_lineup_2016_sides-800x167-2

Digitimesによると、台湾のサプライチェーンからの情報として、Appleは2017年に10.5インチのiPadを発売する計画だとのことです。

これは7.9インチのiPad mini、9.7インチのiPad、12.9インチのiPad Proに加えての新しいラインアップです。
10.5インチのiPadが発売される理由は、10インチ以上のタブレットが教育部門や奇病部門で人気があるためです。ただし12.9インチのiPad Proでは高価すぎるという問題があるため、より価格を下げた10.5インチiPadを投入します。

10.5インチiPadについては、すでにKGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が2017年に10.5インチのiPad Proを投入し、12.9インチ、9.7インチを含めた3モデル構成となると予測しています。

また、12.9インチと10.5インチには、最新のA10Xプロセッサが搭載され、9.7インチはローコスト版としてA9Xプロセッサのままだとのことです。同氏は、2018年にAMOLED搭載のiPadが発売されると予測しています。

(via MacRumors

ほかにiPadについては、Macお宝鑑定団が信頼できる情報指示の話として、iPad mini 4の後継は、iPad Pro (7.9-inch)となるとも予測しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。