Apple、2018年からiPhoneのディスプレイに有機ELを採用か

iPhone-7-Glass-On-Glass-Panels

Nikkei Asian Reviewによると、Appleが、2018年からiPhoneのディスプレイに有機ELディスプレイ(OLED)を採用すると伝えています。

Appleは、LCDからの切り替えのために、Appleはサプライヤーにその旨を通知したとのことですが、OLEDは、生産上の歩留まりが低いため、すべてのラインナップで採用されるかどうかは不透明です。

現在、OLEDを採用しているのは、Apple Watchのみで、OLEDを生産しているのは、SamsungとLGです。OLEDへの切り替えは、LCDを生産するシャープやジャパンディスプレイの業績に悪い影響を及ぼす可能性があります。

OLEDは、バックライトが不要で、コントラストに優れ、省電力となるメリットがあります。

OLEDについては、KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏も、2018年以降のiPhoneで採用されるだろうと予測しています。

(via 9 to 5 Mac

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。