Apple Watchのデジタルクラウンを逆さまの位置(左下)にする方法

w1408 (4)

Apple Watchのデジタルクラウンは、Appleが考えた新しい操作方法です。これを回転させることによって、画面をズームしたり、スクロールするほかの操作を行うことができます。

現在、左手にApple Watch付けている人で、デジタルクラウンを多用する人は、(デジタルクラウンをApple Watchの左下に配置して)右手の親指を使って、デジタルクラウンを回転させる方が便利と感じる人がいるかもしれません。

そのための方法をご紹介します。方法はApple Watchを右手用に設定して、バンドを(これまでとは)逆に取り付けなおせば
よいだけです。

Apple Watchの設定は以下の通りです。

1.デジタルクラウンを押し、アイコン画面でApple Watchの「設定」アイコンをタップして「設定」画面を呼び出す。
2.「一般」→「向き」で、手首の設定を「右」、DIGITAL CROWNを「左」に設定する。

(参考:iMore

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。