Goolgeの幹部(SVP)が、iOS用マップアプリのリリースを明言

Screen shot 2012 06 23 at 8 07 40 am

米時間の22日夜、GoogleのSVP(シニア・バイス・プレジデント)Jeff Huber氏が、ストリートビューのチームがコンピュータ歴史博物館にストリートビューの展示を行っていることをGoogle+で発言した際、iOSユーザーからのコメントに答えました。(9 to 5 Mac)

(iOS 6では、標準マップアプリで提供されていたGoogelマップが、Apple製のマップに置き換えられます。)

この件について、Wiliam Dowellというユーザーが、Huber氏に対して「iOSユーザーは、Googleのマップアプリを望んでいる。アプリをリリースして欲しい」と発言し、彼は「素晴らしいGoogle Map体験を(iOSユーザーに)提供することを楽しみにしている」と答えました。

こう発言する以上、これは現在提供されているHTML5のWebアプリでも、Google Earthでもなく、Latitudeアプリでもないはずです。長年マップに取り組んでいるGoogleですから、(iOSユーザーを逃がさないためにも)Appleを超えるマップを提供してくるはずです。

ひょっとすると、今月末に開催されるイベント、Google I/Oで新アプリが発表されるかもしれません。