「ToDoリスト」を作らない日本人は効率よりも拘束重視で、精神論がお好き?

リマインダー-1
読者の皆さんは、仕事にiPhoneやiPadのリマインダーなど、「ToDoリスト」アプリを使ってますか?

筆者の場合は、使ったり、使わなかったりです。

ニコニコニュースが「なぜ日本人は「ToDoリスト」を作らないのか」で、ビジネス系SNSの「LinkedIn(リンクトイン)」の調査についての記事を掲載しています。

日本人は海外のビジネスパーソンに比べ、毎日終わらせるべき項目を記入する「ToDo(やること)リスト」を作る人が少ないことが分かった。
作成している割合が最も高かったのは、ブラジルの73%。2位にはフランスとスペイン(72%)が続いている。調査対象の世界15カ国のうち、割合が最も低かった日本は45%だった。

昔から日本の事務的な労働の生産性が低いことは有名です。なにしろ、最初からサービス残業が暗黙の前提で仕事が組まれていますから、どうしてもダラダラしがちです。

それに比べて多くの国では、時間外がないのが当たり前です。特にヨーロッパなどは家族との時間を大切にし、(エグゼクティブを除き)定時で帰るのが当然です。

決められた時間の中で最大限、効率を上げるためには{ToDoリスト」などのビジネスアプリ活用して、仕事の優先順位や期限をしっかりと管理する必要が出てきます。

あれだけ夏休みを取るフラン人と、あくせく働く日本人の「一人あたりのGDP」を比較すると、ほとんど同じななのだとか・・・。

悲しい(T_T)

日本人は精神論で勝負ですからね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。