【iPhone・iPadの小ネタ】マップ・アプリで渋滞情報を表示!位置情報を使ったアイデア?

~ th_IMG_3797 2
iPhoneやiPad 2搭載されている「マップ」アプリで渋滞情報を確認することができます。

方法は簡単です。マップを開き、右下のボタンでページをめくり、「渋滞情報の表示」をタップするだけです。

試しに大阪中心部の地図を表示してみました。(下画像:渋滞情報表示前)

~ th_IMG_3796
渋滞情報を表示すると地図上に赤い線が現れ、点滅します。

~ th_IMG_3798
この渋滞情報の仕組みはGoogle日本Blogによると以下の通りです。

交通状況は、スマートフォンでユーザーがMy Location (現在地)の機能を有効にしている場合にのみGoogle に送られる、匿名化された位置情報と速度データを利用して通行の状況を計算、表示しています。この大量の匿名データの処理を繰り返していくことで、さらに精度の高い交通情報を提供できるようになっていきます。また、より多くの方が参加してくださることで、交通情報の精度も高くなり、ユーザーの皆さんにより便利に使っていただけるようになります。

林檎:いろんなテクニック(アイデア)があるものでえすね。(^_-) 個人情報に配慮しているとはいえ、微妙ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です