【マネジメント】Apple成功の鍵は「集中」「シンプルさ」「勇気」「ベストを尽くすこと」という4つの教訓

Drアップル副社長のGreg Joswiak
AppleのGreg Joswiak氏(worldwide iPod, iPhone, and iOSプロダクト・マーケティング担当副社長)がイギリスのケンブリッジで開かれた‘Silicon Valley comes to the UK’ というイベントで、Appleでの20年に渡る経験から学んできた4つの教訓について語りました。

  • 「Focus」(集中)Appleの1000億ドルの収入は、数少ない製品の売り上げから得ています。もしも、製品の幅を広げれば(製品は)偉大ではなくなるのです。
  • 「Simplicity」(シンプルさ)複雑なものをシンプルにしてください。人々は物事をシンプルにする際にコアエッセンスを残そうとしますが、それは誤りです。何かを始めれれば、ものごとはすぐに複雑になりますが、諦めずに取り組むことで複雑にしてるものが理解できます。
  • 「Courage」(勇気)ビジネスを進めるには勇気を持った決断が必要です。たとえ首尾良く進むとしても、過去からの考え囚われてはダメです。
  • 「Best」(ベストを尽くすこと)ベストを尽くすことができなならば、市場に参入してはなりません。Appleにおいては、ベストを尽くすことができないものに興味を持ちません。

林檎;以上、要点をまとめてみました。訳が違ったらごめんなさい。(^^ゞ 4つのキーワードは、ジョブズ氏が1997年にAppleに復帰して以来、ジョブズ氏自身が実践しAppleに浸透させてきたことなのでしょう。そう考えると単純なようで奥深いですね。

→WSJ