【タブレット男子】iPadマジックで有名な内田伸哉氏(29)のマジック動画制作の苦労話

Uchida
ほとんどのiPadユーザーが内田氏のYoutube動画を見ているんではないかと言われるくらい有名なiPadを使ったマジック動画です。

内田氏はプロのマジシャンではなく広告代理店のサラリーマン。マジックが好きで高校時代から部活動でマジックをやっていたのだとか。大学ではコンピュータ言語を学び、大手広告代理店に就職。順風満帆の人生のように見えます。

会社員となってもマジックの腕を買われて、宴会の余興でホテルまわりをしたとのこと。プロ顔負けですね。

面白いのはマジック動画の表情が固く、引きつっているように見えることです。それは撮影時にNG連発で、撮影していた友人を気にしてのことのようです。

マジックの撮影はiPadの発売当日の早朝、場所は銀座のApple Storeの前というこだわりようです。(iPadは事前に友人を通じてアメリカで発売されたものを入手していたとのこと)

人間臭くて素晴らしい!

ソース→ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

以下は話題となった動画です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。