電子ブックエディターSigilで超簡単に電子ブック(EPUB形式)を作成する方法!?

 

  Sigil00

以前にSIgilについて簡単に説明したのですが、説明が今一つ分かりにくかったので、今回、HTMLを知らなくてもできる一番ベーシックな使い方を説明したいと思います。私自身も試行錯誤で使い方を覚えたので、不十分なところはご容赦ください。

 まず、GoogleのサイトからSigilをダウンロードします。

http://code.google.com/p/sigil/

Sigilをインストーるして起動すると、以下のように新規作成モードで立ち上がります。

(Windowsバージョンで説明します)

Sigil1

電子ブックを作る前に本の表紙となる画像とテキストが必要です。

私はテスト用として次のようなものを準備しました。

【画像】iPadで写真にタイトルを書きなぐってみました。

Akutagawa1


【テキスト】青空文庫から芥川龍之介の「鼻」「羅生門」「蜘蛛の糸」をダウンロードしてコピペで1ファイルに収めました。

ファイル内の文章レイアウトは次のとおりです。

「タイトル」 本文 → 「タイトル」 本文 → 「タイトル」 本文

それではSigilの説明に入ります。

最初に作詞する電子ブックの情報を入力します。メニューのToolのMeta Editorを選択すると次のような画面がポップアップしますので、情報を入力します。  Add BasicボタンでISBNなどを入力できますが、流通させるものではないので今回はタイトル、作者、言語のみ入力します。

Sigil1-2

デフォルトのSection0001.xhtmlの中にInsertメニューから用意した画像を挿入します。

Sigil2

表紙になる画像が挿入されたら、次に左のTextを右クリックして、Add New Itemで電子ブックの中身となるSection0002.xhtmlを新規作成します。

Sigil3

Section0002.xhtmlに事前に用意したテキストを貼り付けます。

Sigil4

上の状態では章区切りがないので、章を区切っていきます。文章内の区切りたい部分(各本文の後と次のタイトルの間)にカーソルをおいてメニューのInsertのChapter BreakをクリックするとSection0002.xhtmlが分割され、新しくSection0003.xhtmlとSection0004.xhtmlが作成されます。

  Sigil5

次に電子ブックの目次を作成するための作業を行ないます。操作は簡単で以下のようにタイトル部分を選択しHeadding 1を指定するだけです。章区切りした各タイトルにHeading 1を設定してやると同じ階層になります。これで電子ブックを閲覧する際に目次ページに掲載されるようになります。

もしも文章が階層構造になっているならば、大項目のタイトル・・・Heading 1、中項目のタイトル・・・Heading 2、小項目のタイトルを・・・Heading 3にしてやればOKです。

Sigil6

これでファイル名をつけて保存すれば、超シンプルですが電子ブックの完成です。

次のステップはデバイスへの読み込み作業です。iTunesを立ち上げて「メニュー」の「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」で電子ブックを読み込みます。次に接続しているiPadかiPhoneを選択し「ブック」タブのところで、目的の電子ブックにチェックを入れて、「同期」させればiPadなどのデバイスに転送されます。

iPadのiBooksアプリを起動すると次のように電子ブックが転送されています。

Sigil8

 

Sigil9

目次もちゃんと出来ています。

Sigil10

目次で羅生門をタップすると本文が現れます。

Sigil11

もっとレイアウトを細かく設定したい場合はHTMLの知識が必要です。HTMLでの編集はSigilのメニューのViewから、Split Viewを選択するとSigilにHTMLを入力できるウィンドウが下部に現れますので、そこで作業してください。

以上がお手軽電子ブック作成方法です。

 

電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版
加藤雅士(FLOP DESIGN)
MdN
売り上げランキング: 3688
おすすめ度の平均: 4.5

4 紙の本の延長としての電子書籍を易しく具体的に解説
5 図、イラストが多くわかりやすい